2013年1月22日火曜日

DiCEを使ってDynamicDNSサービスを利用しよう!

サーバーを公開するだけなら自分のIPを晒せばいいのですが、固定IPを持っていない方だと再接続時にIPが変わってしまい、その度に利用者に新しいIPをに教えないといけないという手間があったり。IPアドレスだと数字の列なので利用者に覚えてもらいにくいといったデメリットがあります。

そこで今回は、DynamicDNSサービスを利用したドメイン名の取得と
そのDNS更新作業をDiCEと言うソフトで簡単に行う方法を解説しようと思います

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

DiCEはWindows 9x / me / NT (SP4以上) / 2000 / XP で動作すると公式に書かれています
私はWindows 7 64ビットで使っていますが問題なく動作しています

※ドメイン名と言うのは"google.co.jp"みたいな奴です

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

まずは、ドメイン名を取得しましょう!

http://www.mydns.jp/
http://cybergate.planex.co.jp/ddns/
http://ddo.jp/

上記はDiCEが対応しているフリードメインを提供している日本語のサイトです
この中からどれかを選んで登録してきてください


登録を終え、ドメイン名とパスワードを取得できたらDiCEをサーバーにインストールします
http://www.hi-ho.ne.jp/yoshihiro_e/dice/

インストールが完了したら下記手順に従って更新の設定をしましょう


①DiCEを起動

②"イベント"→"追加"を選択、するとこのような編集画面が出てくるはずです。

③サービス、ホスト名、ドメイン名、パスワードにそれぞれ取得したドメインの情報を入力

④スケジュールの種類を選択

⑤イベント有効にチェックを入れる

⑥保存

これで登録したイベントを実行すれば完了です。スケジュールはいくつか登録できるので好きなのを追加しちゃってください。私のサーバーでは「起動時・1日に一回・IPアドレス変化時」の三種類を登録してあります。


更新が完了したら自分のサーバーに接続してみましょう。
IPアドレスの欄に取得したドメイン名を入力すれば入れるはずです。

※反映には若干時間がかかる場合があります